人を集めるのならのぼり

新聞記事で地方のゆるキャラのことを読んだんですけど、最初についた予算が3万円ってどんな自治体って思っちゃいました。

だからゆるキャラの着ぐるみの頭は段ボール製。

全身タイツに段ボールの頭、のぼりを持っていなきゃただの変質者だよって思っちゃいました。

のぼりはちゃんとしててこれがまた可笑しいんだけど、全身タイツに頭だけのゆるキャラで人気みたいです。

着ぐるみっていう概念を覆すアイディアですけど、まあ最初はそんな感じなんでしょうね。

ゆるキャラもたくさん出て来ているから逆転の発想っていうやつですね。

全身タイツの人は、夏は涼しくていいですって言ってました。

冬は辛そうですけど、汗臭くなくていいかもしれませんね。

温泉地のゆるキャラみたいですけど、温泉宿とかに協賛金貰えばもっとちゃんとした着ぐるみができるんじゃないなぁと思いました。

ちょっと調べてみたら、着ぐるみってビックリするくらい高いんですね。

のぼりしか持っていなかった訳がわかりました。

のぼりは思っているよりずっと安いんですね。

もらってもすぐ捨てちゃうチラシとかパンフレットより、人を集めるのならのぼりのほうが効果があると思いましたね。

Comments are disabled